40代中年男性がラーメンを食べ続けても痩せたダイエット日記

昔は細くて食べても太らなかったが今は立派なデブ!しかし全く痩せる気のないラーメンのスープ大好き40代中年オジサンが、最近15歳の娘に色んな意味で嫌われだした!そんなお父さんがダイエットやサプリを色々試しながら、日々の焦りとちょっとした頑張りを綴った日記です。

夜中に食べても太りにくいラーメンの4つの食べ方

最近、めっきり太ったなぁと思う40代男性の方いらっしゃいます?

私もその一人です。

そうなんですよね。

以前と変わらない食生活なのにお腹の弛みが半端なく。。。。

日に日に太っていくんですよね。

 

そこで、私の食生活を振り返ってみると、「夜中のラーメン」がもしかしたら原因なのではないかと。

 

でも、「夜中のラーメン」って美味しいですよね♪

特に飲みに行った帰りの一杯!!

 

どうしても「夜中のラーメン」が辞めれないので、自分なりに太りにくい食べ方を調べてみました。

 

そもそもラーメンはとても高カロリー!

 

そもそもラーメンってそんなにカロリー高いの?

って事で、まずはラーメンのカロリーを調べてみました。

 

私が特によくいくラーメン店でメニューに載っているカロリーを見てみると。

 

<天下一品:こってりラーメン(並)>

799kcal

関西圏ではこってりの代名詞的なラーメンの一つですね。

お酒を飲んだ後、ちょっとお腹に余裕がある時、ここのスープをすすりたくなります(^^♪

でも、やはりというかカロリーは高めです。
40代男性でいうと1日の摂取カロリーの約1/4にあたります。

 

どうとんぼりかむくら:おいしいラーメン

 558kcal

白菜など野菜が多く、あっさりスープなのでヘルシーなイメージがある神座のラーメン。

でも、ラーメンの平均カロリーは500kcalと言われているので、やや

高めですよね。

 

一蘭天然とんこつラーメン>

525kcal

とんこつラーメンと聞くと高カロリーのイメージでしたが、実はそうでもないみたいですね。

神座のラーメンよりも低かったのは以外でした。

 

そう考えるとラーメンのカロリーって見た目ではわからない物ですねぇ。

 

ラーメンを食べても太りにくくする4つのコツとは?

 

1.トッピングはネギ多め!

ネギに含まれている「硫化アリル」は血行をよくする働きがあります。

血流の流れをよくすると新陳代謝が良くなり、整腸作用など身体の不調を改善してくれます。

高カロリーなラーメンを食べる時はネギを多めにとることを心がけましょう!

 

2.紅ショウガでコレステロール低下

紅ショウガに含まれる辛味成分である「ショウガオール」には、血中のコレステロールを低下させ、胃液の分泌を助ける働きがあります。

特に豚骨ラーメンに限られる事かもしれませんが、濃厚なスープを飲んでも、紅ショウガをとることによって、血液がドロドロになるのを防ぐのは勿論の事、胃液の分泌により太りにくくしてくれるわけです。

 

3.カプサイシンによる胃液分泌促進

紅ショウガと同じになるのですが、やはり胃液の分泌を多くすると体脂肪を分解しやすくなり太りにくくなります。

辛味成分のカプサイシンもその一つです。

カプサイシンをラーメンで取り入れるとなると考え着くのは唐辛子ではないでしょうか?

唐辛子だと発汗作用もあるので、エネルギー代謝も促してくれ、まさに一石二鳥ですね。

 

4.飲み物はウーロン茶

一風堂では、飲み物にお水ではなく、ルイボスティーなるお茶を提供してくれます。

このルイボスティーには脂肪燃焼を助けてくれる働きがあるんですね。

これと一緒で、ラーメンを食べる際、または食べた後には脂肪燃焼を助ける飲み物を飲めば良いという事になります。

身近なところではウーロン茶があります。