40代中年男性がラーメンを食べ続けても痩せたダイエット日記

昔は細くて食べても太らなかったが今は立派なデブ!しかし全く痩せる気のないラーメンのスープ大好き40代中年オジサンが、最近15歳の娘に色んな意味で嫌われだした!そんなお父さんがダイエットやサプリを色々試しながら、日々の焦りとちょっとした頑張りを綴った日記です。

ダイエット中にキムチラーメン食べたら痩せられる?

皆さん、キムチと言えば何を想像されますか?

元は韓国でソウルフードですよね。

で、韓国というと芸能界をとってみても美男、美女が多く、かつスタイルがいい!!

「これってキムチなどの食生活が影響してる?」

「じゃあ、キムチの食べ物をとれば痩せれる?」

「そういえば、この間入ったラーメン店で隣のスラッとした韓国旅行者(美女)がキムチラーメン食べてたぞ!」

じゃあ、日本人も同じアジア人。韓国の人の食文化をまねれば自ずとスタイルは良くなるのでは?

「このデブった身体ともおさらばだ!!」

「これでラーメンを食べても太らねぇぞ!!」

と暴走気味でキムチという食べ物をちょっと調べてみました。

f:id:eedeai:20170721105021p:plain

 

キムチって何もの?

白菜などを一日塩につけた後、水洗いし唐辛子、ニンニク、ニラの他、イカ、イワシなどの塩辛、魚醤などと一緒に壺で漬け、一週間ほど寝かしつけたものをキムチと言います。

 キムチと言っても韓国の人は色々な食材をキムチにします。

白菜、きゅうり、大根は有名ですが、そのほかにほうれん草や大豆、中にはワタリガニをキムチにつけたケジャンなるものもあります。

 

そこで、今回は白菜キムチにスポットを当てて調べました。

 

キムチって低カロリー?

キムチのカロリーは300グラム当たり130kcalです。

ご飯(お茶碗一杯(150グラム))が252kcal、食パン(一枚60グラムで計算)が158kcalなので、キムチは低カロリーと言っていいでしょう!

ちょっと脱線しますが、アツアツご飯にキムチなんて最高ですよね。

暑い夏の時期などは、汁にキムチを入れてソーメンを食べると格別に美味いらしいです。

試してみてください!

 

でも糖質と塩分が非常に多い!

そんな低カロリーなキムチですが、実は糖質と塩分が非常に多いんです。

300グラム当たりに換算すると23グラムは糖質です。

これはカロリーの割合からすればかなり高い数値です。

もともとの白菜の糖質が10グラム以下なので、このキムチ独特の味付けが糖質を高くしてるんですね。

それに塩分も高いです。

そりゃあ、塩つけの後、塩辛と一緒に漬けるとか、普通に塩分は高くなりますよね。

また、その味がごはんなどに合うわけですが。。。。

 

じゃあ、ラーメンとの相性は?

では、ラーメンとの相性はどうでしょう?

最初は低カロリーなので、ラーメンとの相性は抜群と思っていましたが。

調べた結果、はっきり言って最悪でしょうね。

どちらも、糖質と塩分が高いわけですから。

ラーメンだけ食べる時より、糖質と塩分がマシマシになります。

ダイエットだけ考えても糖質で太りやすくなるし、塩分過多で健康にもよくありません。

 

じゃあ、なぜ韓国の人はあんなに綺麗なんでしょう?

キムチはやはり関係なかったんでしょうか?

 

実は日本のキムチと韓国のキムチは味付け方法が全く違うみたいです。

漬けこむ作業はそんなに変わらないのですが、日本産の方が味付けを濃く日本人好みにしているそうです。

それにより糖質、塩分が多くなるのだとか。

たしかに、韓国で食べたキムチの方がアッサリしていることを思い出しました。

 

まとめ

キムチはダイエットに向いている食材ではありますが、日本産のキムチは糖質、塩分共に高いので、使うなら韓国産という事ですね。

でも、酸っぱいキムチってラーメンに合うのかと言われるとちょっと疑問が残った今回の調査でした。