40代中年男性がラーメンを食べ続けても痩せたダイエット日記

昔は細くて食べても太らなかったが今は立派なデブ!しかし全く痩せる気のないラーメンのスープ大好き40代中年オジサンが、最近15歳の娘に色んな意味で嫌われだした!そんなお父さんがダイエットやサプリを色々試しながら、日々の焦りとちょっとした頑張りを綴った日記です。

ダイエット中にラーメンを食べるなら15時!!

ラーメンと聞いて何を思い浮かべるでしょう?

高塩分、高脂質、高糖質。

どれも体に良くなさそうですが、特に糖質はダイエットしてる人からすると天敵ですよね。

でも、たまにというか、食べたくなるのがラーメン。

脂こってりの濃厚ラーメンをスープまで飲み干したい時ってありませんか?

 

そこでラーメンと上手く付き合うために、健康によい食べ方を少し詳しく調べ見ました。

 

f:id:eedeai:20170719111921j:plain

人間には代謝にピークがある。

 

人間は食べたものを100%吸収できません。

 

体に栄養と取り入れるのにも実はピークが存在します。

 

逆に言えば体に栄養を取り入れにくい時も存在するって事です。

 

「じゃあ、その時間帯は太りにくいのでは?」

 

正解です。

 

同じ物を食べるのにも、時間帯によって体に吸収されやすい時間とされない時間が存在するので、吸収されてない時間帯に太りそうな物を食べても、普段よりは太り方がマシになるという事です。

 

では、それはいったいいつなんでしょう?

 

15時は太りにくい時間帯

 

その時間はずばり15時です。

 

朝起きる時間にもよりますが、6時くらいに起きている人であれば15時が太りにくい時間帯となります。

 

先ほども書いた通り、人には代謝にピークがあり15時をピークに太り難い体になります。

 

その時に少々カロリーが高い物であっても体にはそれほど負担にはならないという事です。

 

まとめ

世の中に食べ物があふれ、よっぽど気を付けてないと余分なエネルギーを取りすぎガチになります。

 

それが成人病などに繋がるんですが。。。

 

でも、やはりそんな事を気にせずに美味しものを食べたいですよね。

 

ラーメンもその一つになるのではないかと思います。

 

そういった意味でも、起床、睡眠時間など体のサイクルを当たる的に考え、バランスの良い食事を、適した時間に食べる事がストレスのない健康な生活が遅れるのではないでしょうか?